バイナリーオプションは土日利用不可?祝日はどうなの?

バイナリーオプションには、取引ができない日があるのを知っていますか?

土曜日と日曜日は取引することができず、バイナリーオプションも休日となっています。

仕事が休みの土日に、思いっ切り取引をしたい人もいるかもしれません。

なぜ土日に投資ができないのか。その理由を説明します。

土日に投資ができない理由

土日に取引できない理由は、各国の為替市場が営業停止をしているからです。

バイナリーオプションは、為替相場を参考にして取引をしていますので、為替市場が開いていなと取引をすることができません。

土日は世界共通の休日であるため、どこの国でも為替市場は開いておらず、取引ができないのです。

バイナリーオプションができるのは、月曜日の7:00~土曜日の6:00までの間になります。

デモトレードもできない

取引ができないのはデモトレードでも同じです。

お試し版とはいえ、デモトレードも実際の為替相場を参考にしていますので、為替市場の開いていない土日では取引はできません。

「土日を使って取引の練習」といったことはできませんので注意してください。

平日にならこちらからハイローオーストラリアのデモトレードができます↓

ハイローオーストラリアのデモトレードはこちら

土日にできる業者もある

土日に取引ができないバイナリーオプションですが、海外業者のファイブスターズマーケッツのように、中には取引できる業者もあります。

なぜ取引できるかと言うと、ファイブスターズマーケッツは仮想通貨も取引ができるからです。

仮想通貨は為替市場とは関係ありませんので、土日でも問題なく取引することができます。

仕事が忙しく平日では満足に取引できない人は、ファイブスターズマーケッツを利用すると良いでしょう。

ファイブスターズマーケッツはこちら

祝日もできないの?

土日ができないなら祝日もできないように思えますが、実は平日の祝日なら取引が可能です。

「こどもの日」や「海の日」と言った祝日は日本の祭日ですので、海外は関係ありません。日本は休んでいても、海外では平日となっています。

もちろん、東京の為替市場は休業していますので、「円」を含む通貨ペアは取引できません。ドルや豪ドル、元やウォンなど、円以外の通貨ペアで取引しましょう。

取引できない祝日もある

祝日でも取引できると説明しましたが、クリスマスや年末年始と言った、全世界共通の祝日の場合には取引ができません。

あくまでも、日本だけが祝日の場合に、取引が可能になるわけです。

基本的には、クリスマスと年末年始の数日だけですので、覚えておくと良いでしょう。

ハイローオーストラリアの休日

例外として、ハイローオーストラリアはオーストラリアの祝日に合わせて営業休止します。

1月26日は日本にとって平日ではありますが、オーストラリアでは「オーストラリアの日」という祝日なため、ハイローオーストラリアも休日にしているのです。

元々、ハイローオーストラリアはオーストラリアを拠点としており、休業もオーストラリアに合わせていました。現在はマーシャル諸島に拠点を移動していますが、依然としてオーストラリアの祝日に合わせています。

今後はマーシャル諸島の祝日に合わせるか分かりませんが、ハイローオーストラリアは、日本が平日でも取引できない日があることを知っておきましょう。

土日にできることは?

土日でも、入金や出金と言った、取引以外の作業なら行うことができます

バイナリーオプションが休業なのは、あくまで為替市場が休日だからであり、システム自体はそのまま使えるからです。

また、口座開設もできます。じっくり業者を選ぶと時間が掛かりますので、土日を使って選ぶと良いかもしれません。

土日はおとなしく体と頭を休めること

24時間取引可能なバイナリーオプションですが、土日は取引することができません。
一部例外はあるものの、基本的には為替市場も休日だからです。

取引をしたくても、全国で休日ならどうしようもありません。土日でも取引ができるファイブスターズマーケッツを利用するのも良いですが、休日くらいは投資とは無縁の生活をすると良いでしょう。

そして月曜日になったら、再び投資生活を再開してください。